なぜ?どうしてこれがエイジングケアとかアンチエイジングと書いてあるのか?

時々、海外のサイトを色々チェックして

今はどんな新商品があるのか、どんなものが出てきているのか?

などなど調べます。(当然ですが)

そこでいつも思うのは、

「エイジングケア!」「アンチエイジングクリーム!」

と書いてあるのですが、

全成分を見ても、保湿成分しか見当たらず、

特にエイジングケアに効果的な成分が全く配合されていないものが多いです。

 

なぜ、これをエイジングケアとか、アンチエイジングと書く気になったんだろうか?

と不思議でなりません。

 

保湿をすることにより、シワを目立たなくするということだけで

エイジングケア・アンチエイジングと謳っているのだろうか?

 

だったらそれは嘘になるじゃないか。

 

よく海外の空港などで見つける免税品店。

世界各国の空港にブースを作って

(おそらく免税品のブースは貸与品かと)

よくこれだけ金かけられるな〜といつも驚きます。

 

具体的な名前は出せませんが、

某フランスの有名ブランドなどは

クリームで十数万円しますが、

特に効果的な成分が入っていないという。。。

そして特に高価な成分も入っていない。。。

なぜこの価格なんだと、驚きます。

 

言葉は悪いかもしれませんが、

ぼったくりが横行している業界ですね。。。

コメントを残す

名前 .
.
メッセージ .

コメントは承認され次第、表示される前に承認される必要があります。